【重文仏像】伎芸天立像【秋篠寺】の解説と写真

木造伝伎芸天立像(頭部乾漆造)(もくぞうぎげいてんりゅうぞう) 分類 重要文化財 ジャンル 美術品・彫刻 時代 奈良〜鎌倉※頭部のみ奈良白鳳時代の作 構造・形式等 木造 国宝指定年月日 ー 所有者 秋篠寺 安置場所 所在 […]

木造伝伎芸天立像(頭部乾漆造)(もくぞうぎげいてんりゅうぞう)

分類 重要文化財
ジャンル 美術品・彫刻
時代 奈良〜鎌倉
※頭部のみ奈良白鳳時代の作
構造・形式等 木造
国宝指定年月日
所有者 秋篠寺
安置場所
所在・エリア 奈良平城宮エリア

文化財登録名に「伝」とあるように、本像が伎芸天である確証はなくそう伝わっているだけである。
本像は頭部のみが創建当初のもので、胴体は鎌倉時代の補作であるが、当初からこう造られたかのように見事にマッチしている。
本来どのような尊名であったとしても、芸能の神であり美しいとされる「伎芸天」の名にふさわしい仏像である。

★テキスト

秋篠寺伎芸天の写真


※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)

秋篠寺伎芸天安置場所の地図